二人目不妊と妊活のお話

育児・不妊治療

私は二人目不妊です。

二人目が欲しくて、妊活を数年間続けています。

正直、二人目はすぐできるものだと思ってました。

でも現実はそう上手くいきませんでした。

色んな思いや経験を経て、今思うことを綴ってみます。

うろ覚えな点もありますが、思い出しながら書いてみます

私が二人目を考え始めたのは、子どもが1歳を過ぎた頃。

職場復帰し、夜間だけ授乳していたのを辞め、完全に断乳してからスタートしました。

というのも産後ずっと無月経だったのですが、助産師さんから、

断乳したら再開すると思うから大丈夫。二人目考えだしたら断乳したら良い

と言われていたからです。

無事断乳に成功し、これで身体の調子も戻って妊活できると思っていました。

でも、待てど暮らせど来ない

「まあ排卵はしているかもしれないし」

と気楽に構えて、5ヶ月くらい様子を見てました。

でも来ない

ようやく「いよいよやばい?」と思い病院へ。

とにかく1回、無理やりにでも月経を起こさないとどうしようもない

ということで薬が処方されました。

その後、初めて月経があり喜んでいたものの次の月はまた来ない。

結局、薬を飲まないと月経が来ない状態になってしまったのです。

主治医に二人目の妊娠希望を伝え、そのまま流れで一般不妊治療を開始。

内服だけで、数ヶ月頑張りましたが結果は出ず。

主治医から、不妊治療専門クリニックへの転院を促され転院。

ここから本格的な不妊治療に足を踏み入れたのです。

それでも、この頃はまだ呑気に構えていました

転院してからは、まず不妊の原因を調べるためにホルモン・甲状腺などの血液検査一式とエコー。

その結果、ついた診断は

多嚢胞性卵巣症候群」。

一人目を妊娠した時からそうだったのか、出産後にそうなったのか、それは分からないけど、これが不妊の原因と言われました。

その時点でも「まあ治療すればすぐ妊娠するでしょう」と軽く構えていた私。

ところが、どれだけ内服しても注射に切り替えても、どれだけ刺激・誘発しても、そもそも卵がまったく育たず排卵しない。

卵が育たないので、採卵して体外受精もできない。

あの手この手で治療するけど、全くだめ。

治療開始して1年くらい、こんなどうしようもない状態でした。

生活習慣を気をつけたり、サプリメントを飲んだり、お休み期間を設けたりしながら何とか治療を続け、徐々に卵が育ち始めたところで体外受精に切り替え

1回の採卵で、計4個の受精卵が凍結できました。

ちなみにサプリメントは、葉酸サプリと舞茸成分のサプリの2種類飲んでました。

舞茸サプリは、インスリン抵抗性を改善して不妊改善効果を得るというもので、私の場合、多嚢胞の原因がインスリン抵抗性ではなかったので医師もサプリを内服してもあまり効果がないと考えており、治療当初は勧められることはありませんでした。

ですが、何をやっても卵が育たなかったので、採血結果上はインスリン抵抗性は問題ないけど、まあダメ元で飲んでみる?と言われ3ヶ月ほど飲んでました。

(ある程度の期間内服しないと、効果がなかったため)

結果、卵の成長がやや良くなった気はしましたが、高額だったので継続はしませんでした。

今はFANCLの葉酸サプリと、エンゼルストークを継続しています。

その後、体外受精を4回施行

2回妊娠(うち1回は自然妊娠)しましたが、妊娠継続できませんでした。

体外受精を4回やって、採卵から移植までの期間がものすごくしんどかったので、もう二度と体外受精はしたくないと思いました。

数年間の不妊治療で、心身ともに疲弊してしまったのです。

正直、何度も何度も、こんな辛い思いしてまで本当に私は二人目が欲しいのか悩みました。

仕事と家庭と妊活の調整は思った以上に大変で、完全にキャパオーバー

ホルモンバランスのせいか、体調は常に良くないし、体重は治療を初めて8kgも増加

怒りっぽくなったり、悩んだり、悲しんだり、鬱っぽくなったり、日々色んな感情が沸いてきて処理しきれない日もありました。

夫には寄り添って欲しいが故に、自分が望む言葉や対応をしてもらえなかったら、きつい言葉を掛けてしまったり、勝手に不安になったり、「あなたは二人目が欲しくないの」と問い詰めたり

両親・義両親にも、一人しか孫の顔が見せてあげられないことに申し訳ない気持ちがありました。

こんなに頑張っても努力してもどうしようもないことは初めてで、出口の見えない日々でした。

治療が実らず落ち込む度に「子どもが一人いるから充分幸せ」「今いる子どもに全力で愛情を注いであげたらいい」と開き直り、ポジティブに考えられたと思ったら、二人目・三人目や赤ちゃんを連れた人を見かけて落ち込んだり。

一日の中でも感情のアップダウンが激しかったです。

夫はそんな私に対して、コロコロ意見を変えていると感じていたようで、「結局どうしたいのか、何を考えているのか全然分からない」と言われたこともあります。

それに対して、「どうしてこの気持ちを分かってくれないの」「もう二人目はいらないなんて本心じゃなくて、また治療がダメだったときに自分が傷つかないようにするための強がり、自分なりの予防線なんだよ」と思っていました。

子どもからも「どうして自分には赤ちゃん(弟や妹)がいないの」と聞かれたり、「赤ちゃんが欲しい。ママのお腹に赤ちゃんが来てくれますように」とお願いされたり。

”二人目不妊・一人っ子・選択的一人っ子”と言ったキーワードを毎日ネットで検索して、悩んだり落ち込んだり自分を納得させたりして毎日過ごしていました

でも欲しいのかどうかすらも分からないと言いながら、こんな辛い思いをしながらも治療を続けているのは、結局小さい子どもを連れた人を見かける度に目で追ってしまうなど、私自身が、常に無意識に二人目のことを考えてしまうから。

そして「子どもが一人でもこんなに幸せだから、二人いたらもっと幸せだからできたら嬉しい」と言ってくれた夫の気持ちに応えたいから。

完全に治療を辞めると決められない迷いがあるうちは、あとで頑張れば良かったと後悔だけはしないよう治療を続けようと思ったからです。

ただし、年齢のこともあり治療を頑張る期限は今年いっぱいと決めています。

きっとここまでやれば、結果がどうであれ後悔はしないと思っています。

(もちろん先のことは分からないので、もしかしたら期限になってももうちょっと頑張りたいと思っているかもしれませんが・・・)

最近は身体の調子が、徐々に産前くらいまで戻ってきていることと、仕事も辞めてストレスも減ったこともあり、体外受精はせず一般不妊治療をしています。

色んな思いを経てやっと冷静に穏やかに納得して治療ができていると思います。

授かれたら授かれたで、ダメならダメで今いる子に精一杯の愛情を注いで育てよう

今はそんな心境です。

正直、妊活の話をすることに若干の抵抗はあったし、思い返して文字に書き起こすことはしんどくて、何度も書くのを辞めようと思いました。

でも私自身、これまで色んな妊活中の方のブログや記事を読んできて、気持ちに共感したり、自分だけじゃないと救われたりしてきました。

なので私の経験や心境を綴っただけのこの拙い記事でも、どなたかの参考や背中を押す一助になればと思い書きました。

妊活中の方、お互いぼちぼちやっていきましょう^^

では、また。

*****

いつもご覧いただきありがとうございます^^ランキングに参加しています。

よろしければポチッと押して、応援していただけると励みになります♪

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました